6.4. ネットワーク設定

本章では、ネットワークに関する設定を行う手順について説明します。
本設定は上部メニューから[ネットワーク]をクリックした画面から確認できます。

6.4.1. セグメント

個別のネットワーク領域であるセグメントの確認および追加を行います。
設定を確認するためにはサイドメニューから[セグメント]をクリックします。
セグメント画面

リストから任意のセグメントを選択すると、セグメントのパラメータを確認できます。

  • VLAN ID

  • VNI

  • IPアドレス範囲

6.4.1.1. セグメントの追加

新たなセグメントを追加します。

  1. メイン画面・リスト上部の[+セグメント]をクリックします。

セグメント追加画面へ
  1. 新しいセグメントの名称を入力します。

セグメント追加画面
  1. [追加]をクリックします。

6.4.1.2. セグメントの削除

利用されていないセグメントを削除します。

  1. 任意のセグメントを選択します。

  2. メイン画面・リスト上部の[DELETE]をクリックします。

セグメント削除画面へ
  1. 削除しても問題ない場合は[はい]をクリックします。

セグメント削除確認

6.4.2. ACL

セグメントごとに仮想マシンへの接続を許可するネットワークの設定を行います。
本機能はサイドメニューの[ACL]から利用できます。
本機能ではメイン画面の上部にセグメントのリスト、下部に選択したセグメントのACL設定情報が配置されます。
また、下部のIPv4, IPv6タブからそれぞれのACLを設定することができます。
以下の操作により現在の設定を確認できます。
  1. メイン画面上部リストよりACLの設定を行う任意のセグメントを選択します。

  2. メイン画面下部リストにてIPv4、IPv6のいずれかからネットワーク設定を確認したい方のタブをクリックします。

ACL画面

6.4.2.1. ACLにおける設定項目

項目

説明

Srcアドレス/ SrcPrefix長

アクセスを許可する送信元のIP アドレスを指定する。
Prefix 長によってアドレス範囲が決まる。

Srcポート

アクセスを許可する送信元のポート番号を指定する。
数値のみの指定、範囲の指定(例:21-23)、Any(全て)の指定が可能。

Dstアドレス/ DstPrefix長

アクセスを許可する仮想マシンのIP アドレスを
指定する。Prefix 長によってアドレス範囲が決まる。

Dstポート

アクセスを許可する仮想マシンのポート番号を指定する。
数値のみの指定、範囲の指定(例:21-23)、Any(全て)の指定が可能。

プロトコル

許可するプロトコルを、ICMPv6、TCP、UDPの中から選択する。

Tips

  • ネットワークアドレスの設定方法について※Tipsのページに遷移させる、遷移先に設定例を記載する

6.4.2.2. ACLの設定方法

  1. [+RECORD]をクリックします。

ACLのレコード追加画面へ
  1. 各設定項目を入力します。

  2. 入力が完了したら[追加]をクリックします。

6.4.2.3. レコードの削除

  1. 削除したい任意のレコードを選択した状態で[DELETE]をクリックします。

  2. 確認画面が表示されますので問題なければ[はい]をクリックします。

6.4.2.4. レコードの編集

  1. 編集したい任意のレコードを選択した状態で[EDIT]をクリックします。

  2. 編集したい設定項目を更新します。

  3. 入力が完了したら[編集]をクリックします。

6.4.3. DNAT

仮想マシンの宛先プライベートアドレスをグローバルアドレスに変換します(DNAT)。 本機能はサイドメニューの[DNAT]から利用できます。

DNAT画面

DNATにおける設定項目は以下の通りです。

項目

説明

プールアドレス

変換先のグローバルアドレスを指定する。

セグメント

対象となるセグメントを指定する。

Dstアドレス

変換元の仮想マシンのIP アドレスを指定する。

DNATの設定方法を以下で説明します。

6.4.3.1. DNAT設定の追加

  1. [+DNAT]をクリックします。

DNAT追加画面へ
  1. 各設定項目を入力します。

  2. 入力が完了したら[追加]をクリックします。

DNAT追加画面

6.4.3.2. DNAT設定の削除

  1. 削除したい任意のDNAT設定を選択した状態で[DNAT]をクリックします。

DNAT削除画面へ
  1. 確認画面が表示されますので問題なければ[はい]をクリックします。

DNAT削除画面

6.4.3.3. DNAT設定の編集

  1. 編集したい任意のDNAT設定を選択した状態で[EDIT]をクリックします。

DNAT編集画面へ
  1. 編集したい設定項目を更新します。

  2. 入力が完了したら[編集]をクリックします。

DNAT編集画面