6.2. 仮想マシンの作成に関する機能

本章では、仮想マシンの作成に関する各種操作方法について説明します。
仮想マシンの作成に関する各種操作は上部メニューから[仮想マシン] > サイドメニューから[デプロイ]/[ISOイメージ]をクリックした画面から確認できます。

6.2.1. デプロイ

テンプレートから新規に仮想マシンを作成(デプロイ)します。

  • テンプレートにはOSなどあらかじめ様々な設定が入った仮想マシンテンプレートとOS設定のないテンプレートがあります。

  • 自身のISOイメージから仮想マシンを作成していない場合にはOS設定のないテンプレートをご利用ください。

テンプレートはプロジェクトごとに管理者から割り当てられます。
利用目的によってどのテンプレートを利用するのが適切かは各機関の管理者までお問い合わせください。

以下からデプロイの手順について説明します。

  1. 利用したいテンプレートの[デプロイ]をクリックします。

仮想マシン・デプロイ画面
  1. 各設定項目を入力もしくは選択します。

    • 仮想マシンテンプレートの場合にはハードウェアカスタマイズ画面の設定のみ行います。

    • ISOイメージから新規仮想マシンを作成するためのテンプレートの場合はゲストOSの選択画面の設定を追加で行います。

<仮想マシンテンプレートの場合>

仮想マシン・ハードウェアカスタマイズ画面

<OS設定のないテンプレートの場合>

デプロイ新規・ハードウェアカスタマイズ デプロイ新規・ゲストOS1 デプロイ新規・ゲストOS2
  1. 入力が完了したら[デプロイ]をクリックします。以上で仮想マシンの作成は完了です。

6.2.1.1. デプロイ時の設定項目

  • ハードウェアのカスタマイズ

項目

説明

仮想マシン名

作成する仮想マシンの名前を最大30 文字の英数字で指定する。
複数の仮想マシンを同時にデプロイしたい場合には仮想マシン名[(開始番号)-(終了番号)]という書き方が可能。
例) machine[0-3] と指定すると、その他の設定が全く同じであるmachine0, machine1, machine2, machine3
の4台のマシンがデプロイされる。

パックタイプ

構築する仮想マシンがGPU を使用しない場合は「CPU パック」を、GPU を使用する場合は「GPUパック」を選択する。

パック数

仮想マシンに割り当てるCPUパックもしくはGPUパックの数を指定します。
ただし、ひとつの物理ノードの資源量(CPU,メモリ)を超える仮想マシンは構成できません。
(CPUパックは最大で152パック、GPUパックは最大で8パックまで指定することが可能です)

仮想ディスク(GB)

OS が格納されるハードディスクの容量を指定する。minimal install でも20GB 程度は必要であり、追加インストール するアプリケーションが使用する容量を加味して大きさを見積もる。

ストレージネットワーク

ストレージネットワークとして「仮想NIC(PortGroup)」、「PVRDMA」、「SR-IOV」の中から使用する種別を選択。
Lustre を使用する場合、「仮想NIC(PortGroup)」または「SR-IOV」を選択する必要があり、
更にLustre をRDMA で使用する場合は「SR-IOV」を選択する必要がある。

サービスネットワーク数

構築する仮想マシンに、いくつのサービスネットワークを接続するかを指定する。単体システムの場合は1で良い。

サービスネットワーク

プロジェクト名と同じ名前のセグメントが存在するので、通常はそのセグメントを使用する。

ログインユーザ名

公開鍵が設定されるユーザ名が表示される。

公開鍵

ssh でログインするための公開鍵を指定する。

  • ゲストOSの選択

項目

説明

ゲストOSファミリ

新規仮想マシンでインストールするOSのファミリをWindows/Linux/その他から選択する

ゲストOSバージョン

新規仮想マシンにインストールするOSの種別・バージョンをリストから選択する

6.2.2. ISOイメージ

この画面では仮想マシンの作成に利用するためのISOイメージをローカル環境からアップロードできます。

仮想マシン・ISOイメージ画面
  1. ISOイメージをアップロードする

    • [参照]からローカル環境のISOイメージを指定し[アップロード]をクリックします。

  2. ISOイメージを削除する